OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.19

東京五輪事前キャンプ 総社市でギニアビサウ共和国柔道代表選手の歓迎セレモニー 【岡山・総社市】

東京オリンピック開幕まであと4日。

総社市で、事前合宿を行っている柔道女子、ギニアビサウ共和国代表の選手を歓迎するセレモニーが7月19日、市内で行われました。

(市民)
「セザールさん頑張って。」

(市民は…)
「元気が出る、交流が薄れいるのが。」
「応援しているのでぜひ頑張ってほしい。」

日本から約1万5000キロ離れた西アフリカのギニアビサウ共和国からやってきたのは、柔道女子52キロ級代表のタシアナ・リマ・セザール選手とコーチの2人です。

初めてオリンピックの事前合宿を受け入れる総社市では、環太平洋大学チアリーディング部の応援などで、2人を歓迎しました。

(アトラクション)

(総社市 片岡聡一市長)
「セザール選手ぜひ頑張ってください、7万人の総社市民が応援していることを忘れないで戦ってほしい。」

(柔道女子ギニアビサウ共和国代表 タシアナ・リマ・セザール選手)
「総社にギニアビザウ共和国について知ってもらいうれしい、東京オリンピックで金メダル取れるよう頑張りたい、ありがとう。」

開会式では、自国の旗手を務めるセザール選手、20日、東京の選手村に向けて出発し、7月24日の本番に備えるということです。
shuinsen01