OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.02.26

約500体のひな人形が集合 毎年恒例の「おひな同窓会」が倉敷市で開催【岡山・倉敷市】

約120年前に建てられた屋敷の広間に、市民から寄せられた約500体ものひな人形を飾る催しが、倉敷市で開催されています。

100畳の大広間に並ぶ豪華なひな人形の数々。御殿を模した飾りがついた御殿雛や、素朴な味わいの木目込み人形など、地元の住民から寄せられたものを中心に約500体が一堂に並べられています。

この催しは、大規模な塩田開発で財を築いた野崎家の3代当主武吉郎が明治時代に建て普段は公開されていないたい暇堂で、毎年この時期開催されているひなまつりイベントです。

中には玉野市の陶芸家浜松昭夫さんによる備前焼のひな人形や備前市の木村潤子さんが作った素焼きの備前焼に色をつけた彩色備前など一風変わった人形も展示されています。

(訪れた人は)
「きれいな人形を見ることが出来てよかった…。」

(旧野崎家住宅 三宅功一学芸員)
「様々な人形を展示しているので見に来てほしい…。」

この催しは、倉敷市の旧野崎家住宅たい暇堂で3月7日まで開催されています。