OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.07

台風10号 今後も注意が必要…交通機関への影響【岡山・香川】

大型で強い台風10号は9月7日の朝早く、岡山・香川に最も接近しました。現在も風速15メートル以上の強風域に入っていて、今後も強風や高波、土砂災害などに注意が必要です。

大型で強い台風10号は午前11時の推定で長崎県対馬市の北約260キロにあって、勢力を弱めながら北上しているとみられていて、岡山・香川には非常に強い勢力で9月7日の朝早くに最も近づきました。

台風の接近に伴って津山市では最大瞬間風速24.4メートルを、東かがわ市引田では24.1メートルを観測しました。

岡山県によりますと和気町では95歳の女性が風にあおられて転倒し、軽いケガをしました。岡山・香川ともに9月7日、予想される最大瞬間風速は30メートル、波の高さは2メートルとなっていて、今後も強風や高波、土砂災害などに注意が必要です。

交通機関にも影響が出ています。

JR西日本によりますと、山陽新幹線は9月7日、広島と博多の間で終日運休します。新大阪と広島の間は列車の本数を減らして運転しています。

在来線では岡山から山陰に向かう特急やくもが終日運休。愛媛に向かう特急しおかぜも始発から夕方まで運休となっています。また、寝台特急サンライズ瀬戸・出雲も運休です。

空の便です。岡山空港では9月7日、全便が欠航、高松空港でも成田便1往復を除き欠航となっています。9月8日も機材繰りのため欠航が決まっている便がありますので航空各社のホームページでご確認ください。

このページをシェア