OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報  香川災害関連情報
身の回りのリスクに関する情報はこちら
このページをシェア

警報級の大雨となる可能性…土砂災害や浸水、河川の増水に注意・警戒呼びかけ【岡山・香川】

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、岡山・香川は7月13日の夜から7月14日にかけて、大雨となる恐れがあります。気象台は土砂災害などに注意を呼び掛けています。

気象台によりますと、岡山県では13日の夜遅くから14日の明け方にかけて雷を伴った激しい雨が降る所がある見込みです。また、香川県では14日、大雨となる恐れがあり、発達した雨雲が停滞した場合は警報級の大雨となる可能性があります。

13日、午前6時から14日、午前6時までに予想される雨の量はいずれも多い所で、岡山県北部で120ミリ、南部で80ミリ、香川県で60ミリとなっています。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒を呼びかけています。

このページをシェア