OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.06.18

体験授業!災害発生時の防災計画…小学生がマイ・タイムライン作成【岡山・矢掛町】

災害発生時にどのように行動すべきかを事前に確認しておくマイ・タイムライン作りを学ぶ体験授業が岡山県矢掛町の小学校で行われました。

体験授業が行われたのは岡山県矢掛町の三谷小学校です。マイ・タイムラインとは
災害が発生した場合いつ、何をするのかを事前に整理しておく防災計画です。
5年生と6年生合わせて24人が参加した6月16日の授業では、2018年の西日本豪雨をふまえ中国地方整備局が作成した検討ツールが使われました。
子供たちは、クイズに答えながら台風や前線が近づいている時の事前の行動や避難する際の注意点などについて学んでいました。
(授業を受けた小学生は)
「行動を決めておいて安全に逃げるということがわかった」
「逃げるときはいろいろ準備して調べて逃げるということがわかった」
(高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所 高橋泰治副所長)
「前もって自分の避難行動を決めておけば安全に避難できるということを子供たちにしっかり理解してもらったのではないかと思う」
整備局では今後も希望があれば地域や学校などでこうした講習会を開き、防災意識を高めてもらうことにしています。

このページをシェア