OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.09

2021年球児たちの熱い戦い 選手8人で迎える飯山高校野球部の夏 ある特別な思い…【香川・丸亀市】

7月9日、開幕した夏の高校野球。2021年も高校球児たちの熱い戦いが期待される中、ある特別な思いを持って大会に出場する丸亀市の高校を取材しました。

キャッチしたボールを送球するのは・・・ファーストではなく、カゴの中。キャッチャー役は、マネージャーが務めます。
1.png

選手数は、試合に必要な9人に1人足りない8人。
4.png

少ない人数でなんとか練習を行っているのが丸亀市の飯山高校野球部です。
5.png

チームをまとめるのが、選手の中でたった一人の3年生、小原寛大キャプテンです。
6.png

(飯山高校野球部 小原寛大主将)
「人が少なくて試合が出来ない事もあった。野球ができる喜びと試合を楽しんでプレー出来たら。」
7.png

1947年創部と70年を超える歴史を誇る飯山高校野球部ですが、ここ数年、生徒数の減少などで部員集めが大きな課題になっています。
8.png
9.png
10.png

現在、選手は8人。大会に出場するためには少なくとも9人の選手を揃えなければなりません。高校最後の夏、何とか大会に出場したい。そんな小原キャプテンのもとに頼もしい助っ人が現れました。
11.png
12.png
2021年5月にサッカー部を引退した3年生、入江真士選手です。
13.png
(サッカー部からの助っ人 入江真士選手)
「野球部が毎日遅くまで頑張っているのに大会に出られないのは辛いと思った。ちょっとでも手助けできればと思う。」
14.png

助っ人の加入で大会出場への道が開けた小原キャプテンを近くで支えてきたマネージャーも後押しします。
15.png

(横田楓マネージャー)
「しっかり言えるところは言えるので良いキャプテンだと思う。2年半一緒にやり切って来たので最後の夏は全力で勝ちに行きたい。」
16.png

大会開幕を3日後に控えたこの日、小原キャプテンが笑顔になる場面がありました。それは、選手一人一人の個別練習メニューを考える時間でのことでした。
17.png

(小原寛大主将)
「俺がノック打ってやるわ。」
18.png

人数が少ない時期はたった3人で練習していた経験もある小原キャプテン。ボードいっぱいに並ぶ部員の名前に思わず喜びが込み上げます。

(小原寛大主将)
「野球部に来てくれてありがとうというか、一緒に野球できて嬉しい。喜びでいっぱい。」
19.png

指導する大山監督も思いは同じです。
21.png

(大山剛毅監督)
「小原が3年生で1人で野球部を支えてきた。良い夏だったと言える大会にしてもらいたい。」
22.png

飯山高校の初戦は、大会5日目の7月14日。高松南高校と対戦します。
23.png

部員、助っ人、マネージャー。皆が一つになりスローガンの「全員野球」で戦います。
24.png
25.png

(小原寛大主将)
「もっとこういうプレーができたら良かったではなく1試合にかける思いを全て注ぎ込んで試合したい。笑顔で明るい野球ができたら。」
26.png
27.png
shuinsen01