OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.01

10万→5万円 半額給付議案を市長が提案 公約違反…議会から疑問続出【香川・丸亀市】

全市民への10万円給付を公約に掲げて当選した丸亀市の松永恭二市長が、1日開会した定例市議会に、公約の半額となる5万円を給付する議案を提案しました。

議会からは疑問の声が上がっています。

(丸亀市松永恭二市長)
「限界が来ている市民を救い、これから迎える困難を乗り切るためには、今こそもう一度経済対策を打つ必要がある。こうした思いから全市民の10万円を支給するコロナ緊急経済対策を公約に掲げた。」

1日開会した6月定例丸亀市議会の所信表明で、このように述べた松永市長。

しかし、提出した補正予算案に盛り込まれたのは、公約の半額となる5万円を全市民約11万3000人に給付する費用、57億3000万円でした。

財源のあてにしていたボートレース事業から捻出できる金額に限りがあるなどの理由から、公約の半額での提案となりました。

多くの市民から公約違反を指摘される中、議会からも疑問の声が上がりました。

(自民系で最大会派の志政会 横田隼人会長)
「一律5万円は問題がある。本当の経済対策なら(業者への)持続化給付金や、家庭支援なら低所得者に手厚くすべきだと思う」

(立民系で第二会派の市民クラブ 加藤正員会長)
「10万円を7月8月に現金で給付する公約だった。(この提案は)公約違反だと思う。そもそも10万円給付政策がばらまきで、ありえない」

全市民に10万円給付という公約の行方は…。

6月定例丸亀市議会は6月21日までで、公約を巡る質問戦が繰り広げられる予定です。
shuinsen01