OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.22

クラスター受け実施 香川県が県内すべての介護従事者にPCR検査実施へ【香川】

香川県は老人ホームで大規模なクラスターが発生したことを受け、県内すべての介護関連施設で働く約1万5000人に対してPCR検査を行うことを決めました。

香川県などが会見を開き、県内に約600ある介護関連施設で働く約1万5000人に対して、2月から唾液を採取する方式のPCR検査を行うことを明らかにしました。
対象者の4割が独自の保健所を持つ高松市の管轄となり、検査費用は県と市で負担します。介護関連施設を巡っては高松市の老人ホーム弘恩苑でクラスターが発生し、これまでに入所者と職員など合わせて104人が感染しています。

(香川県 浜田恵造知事)
「高齢者施設の利用者、家族、働く職員が安心して介護サービスを利用、提供できるよう現時点での感染状況をできる限り迅速に確認することが必要と考えた」      
検査は終了まで1カ月以上かかる見通しで、民間の検査機関を活用するとしています。


このページをシェア