OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.11.23

我慢の3連休‥岡山県内の行楽地は【岡山・岡山市】

23日は、3連休の最終日です。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず「我慢の3連休」と言われていましたが、岡山県内の観光地は多くの人でにぎわいました。

真っ赤に色づいたモミジ。紅葉がちょうど見頃を迎えた日本三名園の1つ、岡山市の後楽園です。駐車場には朝から多くの車がずらり。観光客は全国から訪れ、県外ナンバーも目立ちました。この3連休はほぼ天候に恵まれ、22日の日中の入園者は約4700人と、先週末に比べて約1000人増えました。

(岡山市内から)
「コロナ最近色々言われているから人が少ないかと思って来たが意外と多かった」(高知から)
「事前に予約していたのでキャンセルが却って迷惑になるかと、でも大丈夫かなと戸惑いながら。消毒用のアルコールは持参しながらの旅」

NTTドコモによりますと、JR岡山駅周辺のきのうの人出は緊急事態宣言前と比べ28%増え、9月のシルバーウィークとほぼ同じでした。JR倉敷駅周辺も、緊急事態宣言前から64%増えています。

(日本医師会)
「秋の我慢の3連休に…」

全国的な感染拡大で日本医師会が外出の自粛を呼びかけた3連休。観光業に携わる人たちはにぎわいを歓迎しながらも複雑な心境で受け止めています。

(売店の店長は…)
「心配はしていたが連休は(来園者が)結構多い。冬がくると、感染率が高くなると言われていてまた観光業界も静かになると思うと心配」

感染防止のための自粛か、経済の盛り上げか。それぞれが戸惑いながら過ごした3連休だったようです。


このページをシェア