OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.10.27

PCR検査倍増も インフル同時流行備え香川県で検査体制強化【香川・丸亀市】

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え丸亀市のPCR検査センターが患者を受け入れるエリアを拡大するなど、香川県で検査体制を強化する動きが出ています。

丸亀市は2020年5月、市の医師会と協力してドライブスルー方式で検体を採取する独自のPCR検査センターを作りました。

市内の医療機関を通して予約した患者の検査を受け入れてきましたが、11月2日からは中讃地区の1市3町の患者も受け入れます。検査は1日30件、平日のみ行い、料金はそれぞれの自治体が負担します。

また高松市は10月29日から市の医師会に委託しているPCR検査センターの検査数をこれまでの2倍となる1日40件に増やすことを明らかにしました。

いずれも新型コロナの患者を早期に発見する取り組みで、感染症の流行期に万全の体制で臨みたいとしています。


このページをシェア