OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.17

職人が力作を披露!だんご馬を飾り男の子の健やかな成長願う【香川・丸亀市】

9月17日は旧暦の8月1日に当たり「八朔」と呼ばれます。香川県西部ではだんごで作った馬、「八朔だんご馬」を飾る風習があり丸亀市では職人が力作を披露しました。

(前川裕喜記者)
「こちらが八朔だんご馬です。高さは80センチ、大きいです。だんごというだけあってぷにぷにしている」

国の史跡、丸亀城では地元のだんご馬職人岡雅久さんが約30キロの力作を持ち込み、色付けや装飾など最後の仕上げを披露しました。

香川県西部では馬術を得意とした武士にあやかり八朔を馬節句と呼びだんご馬を飾って男の子の健やかな成長を願いました。昔はもっと大きなものも作られていましたが風習は年々、廃れていて、訪れた親子連れは珍しそうに見学していました。

(訪れた人)
「だんご馬みたいに活発で元気な男の子になってほしい」

(岡雅久さん)
「子供が成長し元気になるのとコロナの終息を願って作った。丸亀にはこういう伝統芸術があるのを知ってほしい」

このだんご馬は城内にある丸亀市立資料館に9月20日まで飾られます。

このページをシェア