OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.08

本格的な秋の訪れ…ススキの穂 太陽の光で黄金色に染まり幻想的な光景【岡山・真庭市】

9月8日も岡山・香川は真夏を思わせるような暑い一日になりました。そんな中、岡山県北、真庭市の蒜山高原では、ススキが風に揺れ本格的な秋の訪れを告げています。

午前6時前、標高869メートル、真庭市蒜山下徳山の展望台鬼女台から望む景色です。お盆の頃から伸び始めたススキは、2メートルほどに生長し穂が風に揺れています。

9月8日の朝の蒜山の最低気温は21・4℃と平年に比べ5℃ほど高く暖かい朝となりました。夜明け前は雲が多かったものの日が昇ると太陽の光でススキの穂が黄金色に染まり幻想的な光景が広がります。

また新庄村に通じる道路沿いではススキ以外にも秋の七草のひとつハギの花が咲き、こちらも本格的な秋の訪れを告げています。

このページをシェア