OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
築780年!備中松山城の四季折々の表情をリアルな木版画で表現

2020.09.01

築780年!備中松山城の四季折々の表情をリアルな木版画で表現

高梁市歴史美術館で8月22日から11月16日まで「特別展 木版画で見る備中松山城」が開かれています。木版画を制作したのは高梁市出身の三峰三郎さん。様々な角度から見えるお城の景色や季節ごとの表情を重厚なタッチで表現しています。

ふるさとのシンボル、備中松山城との「対話」のなかで生まれた作品

0901萩原2


高梁のシンボルである備中松山城は延応2(1240)年に築城され、幾多の興亡を経ながら780年後の今日まで力強い姿を残しています。


0901萩原3

高梁市出身の三峰三郎さんは、市内の高校に勤務しながら独学で版が技術を習得。以来40年にわたり作品制作を続けてきました。

0901萩原4

会場には、幼い頃から備中松山城とともに過ごしてきた三峰さんが、お城の景色や季節ごとの表情を表現した作品約50点が展示されています。
10月10日(土)午後1時半からは三峰さんが木版画の年賀状づくりを指導するワークショップも開かれる予定(参加費300円、定員10人、9月26日までに要申し込み)です。

0901萩原5


◆11月16日(月)まで
◆高梁市歴史美術館(高梁市原田北町1203-1)
◆入館料 一般500円
     65歳以上・高校大学生300円
     中学生以下無料
◆開館時間 午前9時~午後5時
        (入館は午後4時半まで)
◆休館日 火曜(9月22日、11月3日は開館、
                 翌日休館)
なんしょん?生電話クイズ

全国共通商品券3000円が当たるなんしょんクイズ実施中!
正解の電話番号は、番組を見てチェック!

ミルンへカモン!出演者応募はこちらから
番組への投稿・応募
なんしょん?知恵袋
テレビ×ネット配信企画「高校生の主張」
番組プレゼント
シャボン玉石けんpresents HAPPY!ナチュラルライフ
新型コロナ今言いたいこと
家計のやりくり術
ボイRAメン
リビングカルチャー倶楽部