OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.10

香川の高校生155人PCR検査へ…大規模クラスター松江市の高校サッカー部と香川の交流試合【香川】

香川県内の4つの高校が大規模なクラスターが発生した島根県松江市の高校のサッカー部と8月2日から7日にかけて交流試合を行っていたことが分かりました。県は、試合に参加した部員や教員など155人全員にPCR検査を行うことにしています。PCR検査を受けるのは志度、高松商業、高松東、坂出商業の4つの高校のサッカー部員や教員など155人です。香川県によりますと島根県松江市の立正大淞南高校サッカー部と8月2日から7日にかけて高松市やさぬき市などで交流試合を行っていました。立正大淞南高校では9日までにサッカー部を中心に89人の感染が確認されています。現在、155人のうち2人に発熱の症状が出ていて検査を受けているということです。残る生徒らについては12日以降、順次検査する予定です。また、香川県内では岡山県在住で高松市に帰省している20代の男子学生の感染が確認されました。濃厚接触者は帰省先の家族の3人で、今後PCR検査を行う予定です。

このページをシェア