OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
このページをシェア

あおり運転厳罰化 チラシ配って禁止呼びかけ【岡山】

「妨害運転罪」を新設した改正道路交通法が6月30日、施行され、あおり運転が厳罰化されました。岡山県警は6月30日の朝、JR岡山駅前でチラシを配り、あおり運転の禁止などを呼びかけました。

岡山西警察署の署員など10人がチラシを配り、ドライバーなどにあおり運転の禁止を呼びかけました。
6月30日、施行された改正道路交通法に伴うあおり運転の厳罰化では、ドライバーが故意に急ブレーキや割り込みなどをすると3年から5年以下の懲役、または50万円から100万円以下の罰金と飲酒運転と同等の罰則を設けているほか免許取り消しの対象となります。

(岡山西警察署 藤原隆志交通官)
「悪質危険なあおり運転、これを撲滅していきたいと考えておりますので、広くドライバーにも呼びかけをしていきたいと考えております、進路を譲ったり、イライラせずにゆとりを持った運転を心掛けていただくとこれも大事なこと」

このほか警察では車にドライブレコーダーを設置することや、あおり運転を受けた時は車の外に出ずに110番するよう呼びかけています。

このページをシェア