OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.04.14

名探偵の誕生日に満開 ミステリアスに咲く黒いチューリップ見頃 【岡山・倉敷市】

珍しい黒いチューリップが倉敷市真備町で見頃を迎え、なんともミステリアスな魅力を放っています。

鳥の羽のような漆黒の花びら…。謎めいた雰囲気を醸し出しています。「ブラックパーロット」など黒いチューリップ、約500本が満開です。

(横溝正史疎開宅管理組合 浅野昭江組合長)
「全員が芽を出してくれたので良かったなあ、みんなで手塩にかけた甲斐があったかな、(横溝正史)疎開宅にピッタリの花、黒で。」

植えられているのは、名探偵「金田一耕助」を生んだ小説家・横溝正史が、戦時中に疎開した住宅の前です。4年前から総社市などの企業が疎開宅の管理組合に球根を贈り、スタッフが育てています。

毎年、金田一の誕生日とされる4月24日を目指すように満開となるチューリップ。そのミステリアスな姿の裏には地道な努力がありました。

(横溝正史疎開宅管理組合 浅野昭江組合長)
「これは10センチ深く植えて時期を遅らせる方法をとりました。そこで日にちの調節が出来たのだろうと素人ですから思います。」

黒いチューリップは、疎開宅の開館日に、鑑賞することができます。