OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.03.19

教室にモニタリングルーム!?次世代教育の“教室”で特許取得【岡山・岡山市】

授業自体を教材にして現場に強い教員の養成を目指します。

岡山市東区のIPU、環太平洋大学が開発した教室が特許として認められました。

2019年に新設された教室コーチングラボは、小学校を想定した最大40席の教室をL字型に囲むようにモニタリングルームが設置されています。

半透明の特殊ガラスとモニター画面を通して授業の様子を観察できます。

学生たちは、授業の進め方を見ながら指導員から児童の反応や展開のポイントなどについて解説を聞き、より実践に近い形で教員養成が図れるとしています。

これらの設備全体が、教室システムとして2月8日、特許庁から特許として認められました。

(次世代教育学部 前田一誠教授)
「どこにもない大学のどこにもない施設だと証明したかった。学生の授業力を上げて、いきたい現場に出て、活躍する先生を養成したい一心」

環太平洋大学では、大学の新たな特徴としてPRしたいとしています。