OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.15

健康志向のニーズを追い風に…「ビール」で糖質ゼロを国内で初めて実現!【岡山・岡山市】

ビールなのに糖質ゼロ。そんな製品の出荷作業が岡山市東区のキリンビール岡山工場ではじまりました。

出荷作業が始まったのは、10月6日発売の「キリン一番搾り糖質ゼロ」です。麦芽から見直すなど開発に5年以上かけ、麦芽比率の高いビールでは至難の業とされる糖質ゼロを国内で初めて実現しました。

岡山市の岡山工場を含め全国3カ所で製造され、9月15日から箱詰め作業がはじまりました。10月からの法改正でビールの酒税が下がることに加え、健康志向の高まりによる糖質ゼロへのニーズを追い風にします。

(キリンビール岡山工場 東橋鴻介さん)
「何本でも飲めるようなビールを創れたらという思いが原点。気にせず飲んでいただける商品になれば」

発売は350ミリリットルと500ミリリットルの2種類で、キリンビールは2020年、約120万ケースの販売を見込んでいます。

このページをシェア