OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.05.29

渋川海水浴場今年はどうなる?感染拡大のリスクも…夏に向けて頭を悩やます【岡山・玉野市】

夏に向けて頭を悩ませています。玉野市の渋川海水浴場について開設の是非を検討する運営協議会が開かれ開設すべきという意見がすべきでないという意見を上回りました。

毎シーズン、数万人が訪れる玉野市の渋川海水浴場。市の観光の柱である一方、感染拡大のリスクもあり、市は開設するかどうか悩んでいました。夏を前に開かれたその運営協議会、行政や地元ホテルなど約40の会員で作る組織の判断は。

(運営協議会 事務局)
「開設すべきが9名 開設すべきでないが7名」

協議会で出た意見は、開設しなかった場合地元経済が停滞する。一方、開設した場合は感染リスクが残り地元住民が不安に思うというものでした。

(玉野市 黒田晋市長)
「最後は設置者である玉野市に判断が委ねられているから、長い時間をかけずにできるだけ早めに双方納得がいくような形で示したい」

市は協議会の意見を元に5月中をめどに最終的な決定を下すことになります。

このページをシェア