OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
このページをシェア

一石二鳥の学習機会…オンラインを使った学習指導【岡山】

学習機会の減った子供とアルバイトに入れず収入が減った大学生。この両者を結ぶオンラインでの学習指導サービスが、岡山県内で始まることになりました。

「3と0.07を足すと……(子供)3・07!」
学校の宿題をもとにした算数の授業。先生を務める大学生は画面の向こうにいます。岡山市内の住宅で行われたのは、オンライン会議アプリ、「Zoom」を使った学習指導です。
(別の子供ON)
「学校ないから自分で教科書やってくださいって…」
臨時休校で学習機会の減った子供を支援しようと、この取り組みを始めたのは岡山と東京にある6つの団体です。
それぞれが子育て世帯に必要な物資を届けたり、立場を超えた繋がりの場を作ったりする活動を続けていて、協力して子供と大学生をマッチングします。
(サンサポートオカヤマ ボウズ満恵 代表)
「この状況下で塾に通うのも大変だと思う。このシステムで少しでも保護者、子供の不安が軽減できれば」
メリットは大学生側にもあります。
講師を務めるとクラウドファンディングで募った資金などから謝礼が支払われ、飲食店の休業などでアルバイトの収入が減った学生を支援します。
(講師を務めた大学生は…)
「いっぱいバイトに入っているが、3つのうち1つがなくなった。空いた時間を使って、しかもバイトになるという事であれば、大学生にはありがたい」
(利用した中学生は…)
「休校でちゃんと周りについていけるのか不安になる。わからないことは聞けるので良かったと思う」
教える側も教わる側も、両方が助かるこの取り組み。募集の準備ができ次第、小中学生や大学生の参加を募ります。主催する団体では、クラウドファンディングのページで資金を募っています。
学習指導サービスの参加についても、今後、このページから行えるようになるということです。

このページをシェア