OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.22

岡山県「まん延防止」適用を国に要請 病床使用率上昇に保健所業務ひっ迫…「ブレーキを踏む」決断【岡山】

急速な感染拡大を受け、岡山県は病床使用率が悪化し、保健所の業務がひっ迫しているなどとしてまん延防止等重点措置の適用を1月21日、国に要請したと明らかにしました。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「オミクロン株による急拡大へのリスクに備え、早急に強力な措置を講じる必要があると判断し、昨夜(21日夜)国に対しまん延防止等重点措置の適用を要請した。」

22日、伊原木知事が臨時の記者会見で明らかにしました。

県は要請に至った理由として、これまで低かった病床使用率が短期間で上昇していることや連日、新規感染者数が過去最多を更新し、保健所の業務がひっ迫していることなどを挙げました。

対象は県内全域と想定し、飲食店に対しては時短営業を要請する方針です。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「非常に残念ながら他にいいブレーキがなかなか見当たらない。このタイミングでブレーキを踏む決断をした。」

政府は1月25日に対応を協議し、要請のあった自治体に対し適用するかどうか決定する方針です。
OHKアプリ