OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.20

記者も体験…大寒に無病息災願って滝行【岡山・岡山市】

20日は二十四節気のひとつ「大寒」。岡山市北区の寺では、1年の無病息災を願う滝行が行われました。

(滝行)
「南無妙法蓮華経」
まだ夜が明ける前の午前6時。岡山市北区下足守の龍泉寺で行われた滝行です。滝行は心と体を清め、1年の無病息災などを願うもので約25人が参加しました。

(大杉侑也記者)
「午前6時過ぎ、寒さで肌が痛い。私も体験したいと思います」
(大杉侑也記者)
「心身が清められた」
20日は二十四節気のひとつ「大寒」。20日朝の最低気温は岡山市で氷点下1℃など岡山・香川のすべての観測地点で氷点下となる厳しい寒さとなりました。

参加した人たちはふんどしや白装束姿で冷たい水に打たれていました。

(滝行をした人は)
「今年はめちゃめちゃ寒い去年とは全然違う今年が本厄になるので厄を滝の水で流させていただいて、新しい気持ちでがんばっていきたい」
「寒かったがいい経験になった。メンタルが強くなった」
「気持ちよかった」
「けがをしないようにとかコロナ禍で病気しないように願った。かぜをひかないかが心配」

気象台によりますと21日も厳しい冷え込みとなる予想ですが、大寒の次は「立春」、暦の上では春を迎えます。


このページをシェア