OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.10.30

正答率低下の教科も 岡山市独自の学力調査結果まとまる【岡山・岡山市】

2020年6月に岡山市が市内の小・中学生を対象に独自で行った学力調査の結果がまとまりました。実施時期が例年より2カ月遅れた影響がでています。

岡山市独自の学力調査は市立学校全ての小学4年生と5年生、中学1年生と2年生の合わせて約2万3000人を対象に行われました。教科は、小学校が国語、社会、算数、理科の4教科、中学校は、英語を加えた5教科です。

岡山市教委によりますと正答率の平均は2019年と比べて小学4年生では理科を除く3教科で低下、小学5年生は全ての教科で低下しました。中学生では1年生で理科と英語以外の3教科で低下した一方、2年生は、社会、数学、理科の3教科で上昇しました。

前年度の学習内容が出題範囲で、市教委では新型コロナウイルスの影響で例年4月に行っていたテストを6月に行ったことが影響したと分析しています。

市では今後、新しい生活様式による授業スタイルの変化などの影響を注視していきたいとしています。


このページをシェア