OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.23

インフル流行期に備え…ドライブスルーのPCR検査センター設置へ【香川】

流行期に備えて、新型コロナウイルスの検査体制を強化します。坂出市と宇多津町は、共同でPCR検査センターの設置を決め、9月23日、予行演習が行われました。

これから寒くなると、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念されることから、坂出市と宇多津町は、共同でドライブスルー方式のPCR検査センターの設置を決めました。

検査体制の充実を図ると共に、まとめて検査することで検査時の感染リスクを軽減できるといいます。

運営を担当するのは坂出市医師会で、予行演習では、医師や看護師がスムーズに検体を採取するため、人の配置や動きを確認しました。

(坂出市医師会 佐藤融司会長)
「週3回ここにつめて検査。院内感染が防げる」

設置場所は非公開で、医師が必要と判断した場合に限り、予約制で検査を受けることができます。週3回稼働し、当面は1日6件の検体を採取する予定です。

このページをシェア