OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.06.18

気象台が注意を呼びかけ 18日夜から19日にかけて大雨に注意【岡山・香川】

梅雨前線の影響で岡山・香川では6月19日、朝にかけて大気の状態が不安定になり大雨の恐れがあります。気象台が土砂災害や河川の増水などに注意を呼び掛けています。

梅雨前線の影響で岡山・香川では広い範囲で雨となっています。梅雨前線はこのあと活動を強めながら北上し、18日の夜から19日の朝にかけて低気圧が四国地方を通過する見通しです。
このため、19日の朝にかけて岡山・香川でも局地的に雷を伴った激しい雨が降り大雨となる恐れがあります。今後、予想される1時間の降水量は、岡山県南部、北部ともに25ミリ、四国の瀬戸内側では40ミリとなっています。
また19日、午前6時までの24時間の予想降水量は、いずれも多い所で岡山県南部、北部ともに100ミリ、四国の瀬戸内側では150ミリとなっています。
気象台は、土砂災害や河川の増水などに十分注意するよう呼び掛けています。

このページをシェア