OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.29

約150年ぶりに1日だけ復活!昼も夜も休まず祈祷する伝統儀式「温座」【岡山・岡山市】

昼も夜も休まず国家安泰などを祈祷する密教の伝統儀式、「温座」が岡山市の金山寺で始まりました。新型コロナウイルスの終息を願い、約150年ぶりの復活です。

この儀式は、岡山市の金山寺の住職が、寺が開かれた749年から代々受け継いできたものです。

1回約1時間の祈祷を7日間続けて行うため僧侶の座った場所が冷めないことから「温座」と呼ばれています。江戸時代末期から途絶えていましたが、新型コロナが広がる中、岡山市の経済人たちの働きかけで、約150年ぶりに、1日だけ特別に行われました。

9月29日、午後2時から9月30日、午前9時まで、4人の僧侶が入れ替わりながら、災害や疫病の終息などを祈り続けます。

(金山寺温座復興の会 平林実代表)
「岡山には隠されたいい所パワーがある所がある、皆さんに知っていただいて心を一つにしてもっといい街になるように願っていきたい」

金山寺では、今後、7日間続けて行われる「温座」の復活を目指したいとしています。9月30日までの儀式は、一般にも無料で公開されます。

このページをシェア