OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.29

低価格で人気が高い「第3のビール」…増税により酒店で駆け込み需要高まる【岡山・岡山市】

低価格で人気が高い「第3のビール」が酒税法の改正に伴って10月1日から増税されます。コロナ禍の巣ごもり需要も相まって岡山市の酒店では駆け込み需要が終盤を迎えています。

ビール類の中でも割安さから人気の「第3のビール」。
10月1日から350ミリリットル缶1本あたり約10円の値上げとなります。

(客は…)
「10月から高くなると聞いたのでどうせ飲むものだから多めに買っておこうかなと」
「あさって(10月1日)から税金が挙がるのでささやかな抵抗です2本を1本にしろと言われたら困るので」

(中島悠希記者)
「増税前の駆け込み需要に対応してこちらのお店では入口すぐに特設売り場が置かれている」

岡山市南区の酒の量販店です。

家計に優しい第3のビールはコロナ禍の巣ごもり需要で春以降、売り上げを伸ばしてきました。9月のシルバーウィーク頃からは増税前の駆け込み客が増え始め、9月の売り上げは例年の130%に。多い人では、24缶入りを10ケース一度に買った人もいたということです。

今回の酒税の税率改正で第3のビールは約10円増税する一方、ビールは7円の減税、発泡酒は据え置きです。似ている商品でばらばらの税率を一本化するのが狙いで6年後には3つの税率が同じになります。

店では、第3のビールの増税に合わせて各メーカーの飲み比べセットを特設コーナーに置くなど駆け込み需要に対応しています。

(チャオ当新田店 松浦照和店長)
「去年(2019年)増税があった時以来の忙しさ。外に飲みに行けず家飲み需要が高まっている。(特設コーナーなど)色々アピールもできたことでお客様に喜んでもらえているかなと」

低価格で人気の第3のビールの増税。
私たちの家計にも大きな影響を及ぼしそうです。

このページをシェア