OHK 8Ch

このページをシェア

イメージは岡山城!岡山市新庁舎の設計業者は東京の共同企業体【岡山・岡山市】

老朽化のため建て替えられる岡山市役所の新しい本庁舎について、市は、設計業者に東京の建築設計事務所を代表とする共同企業体を選びました。

岡山城をイメージした斬新なデザイン。提案によると地上15階、地下2階で庁舎の前には緑豊かな憩いの場が広がっています。設計業者に選ばれたのは山下設計・丸川建築設計共同企業体です。市の幹部で作る委員会が応募のあった4社から選びました。災害対策の部署が6階、市長室が7階に置かれ災害発生時のコントロール機能が強化されるということです。
(岡山市 大森雅夫市長)
「防災面含めた機能面も充実していると思う。シンボル性という面では私は相当いんじゃないかなと思う」
建設費は約302億円で、市は2020年度末までに実施設計に着手し2026年度の運用開始を見込んでいます。

このページをシェア