OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.23

コロナ禍で注目集めるスポーツが!その理由は?観音寺市で四国初の全国大会も開催へ【香川】

コロナ禍でも「密」を避けながら楽しめると話題のスポーツを紹介します。
それが「フレスコボール」、来週には観音寺市で四国初の全国大会も開かれる予定で、香川県内でも注目されています。

コロナ禍で注目のスポーツ、『フレスコボール』。
ふれすこ1   題.png
ブラジル発祥のビーチスポーツで、使うのはラケットとボールだけです。
ふれすこ2   題.png
ふれすこ3   題.pngペアの2人が向かい合い、5分間ラリーし、打った回数や返し方などで点数を競います。
ふれすこ4   題.png
(河野有紀記者)
「フレスコボールがコロナ禍で注目を集める理由。それは2人の距離が7メートル離れていて、ソーシャルディスタンスをとれることなんです」
ふれすこ5   題.png
コロナ禍でも「密」を避けながら気軽にプレーできるとして、注目されるフレスコボール。
2013年に日本フレスコボール協会が発足した当時は、10人程度だった競技人口は、現在、5000人まで増えました。
ふれすこ6   題.png
2021年5月には、さぬき市に四国フレスコボール協会も設立され、週末には、県内の海水浴場で練習が行われています。
ふれすこ7   題.png
(四国フレスコボール協会 藤田然吏会長)
「2人ができるだけボールを落とさずにラリーを続けるスポーツなので、ここが打ちやすいとかありがとうが自然と出てくる。コロナで閉塞感がある中で、人と人との会話を増やすことができるスポーツ。その魅力を広めていきたいと思っている」
ふれすこ8   題.png
来週には、観音寺市で四国初の全国大会が開催され、会場では、競技の体験会も開かれる予定です。
ふれすこ9   題.png
長引くコロナ禍で運動不足になりがちな今だからこそ、挑戦してみるのも良いかもしれません!

<四国初の全国大会>
7月31日~2日間 有明浜(香川・観音寺市)