OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.23

2年連続で中止 岡山の夏の風物詩「うらじゃ」の歴史を紹介 思いは来年へ【岡山・岡山市】

新型コロナウイルスの影響で、2年連続で中止となった岡山の夏の風物詩、「うらじゃ」を楽しんでもらおうと、うらじゃの歴史を写真や資料で展示する企画展が、岡山市で開かれています。

思い思いのメイクや色鮮やかな衣装で、熱気あふれる踊りを披露する踊り子たち。

岡山市北区の幸町図書館では、2019年のうらじゃの踊り連の写真や、1994年に始まったうらじゃの歴史をたどるパネルなど、約70点が展示されています。

また、2階には、うらじゃの由来となった岡山に伝わる古代の鬼、「温羅」を題材にした本なども並べられています。

図書館では、「うらじゃの写真や資料を見て楽しんでもらい、2022年のうらじゃへ、思いを繋げられれば」としています。

企画展は7月末まで岡山市北区の幸町図書館で開かれています。