OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.05.31

西日本有数の産地「ひるぜん大根」の収穫始まる 高原の涼しい気候ですくすく【岡山・真庭市】

西日本有数のダイコンの産地、真庭市の蒜山地域で特産の「ひるぜん大根」の収穫が行われています。

「ひるぜん大根」は高原の涼しい気候と水はけの良い火山灰の土壌を生かし、現在10軒の農家が16ヘクタールで栽培しています。

このうち、中蒜山の麓に近い井上達さんの畑でも収穫作業に追われています。

2021年は、適度な雨と気温で生育が進み品質は良いとのことで井上さんは、みずみずしい大根を次々と抜いていました。

収穫したダイコンは選果場に運ばれ、水洗いした後大きさごとに分けて箱詰めされました。

(JA晴れの国岡山蒜山大根部会協議会 井藤文仁会長)
「生産者も2021年も元気に作っている。ぜひ、ひるぜん大根を買ってもらって観光でも今動きにくい状態なので(食べて)蒜山を感じてもらえれば。」

「ひるぜん大根」の収穫は11月中旬まで行われます。その後岡山県南部のスーパーなどで販売されます。
shuinsen01