OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.05.19

緊急事態宣言下で始まる岡山県聖火リレー 感染状況を踏まえ無観客で希望の光をつなぐ【岡山】

5月19日から岡山県で聖火リレーが始まります。感染拡大を防ぐため公道でのリレーは中止され、岡山市で午後から観客を入れずに点火セレモニーが行われます。

(中島悠希記者)
「点火セレモニーの会場となっている岡山城です。無観客での開催で午後から一般の人は立ち入れないが会場では準備が着々と進められています。」

岡山県の聖火リレーは19日と20日の2日間、約180人のランナーが12の市と町をつないで走る予定でしたが、新型コロナの感染拡大を受けて公道でのリレーは中止されました。

代わりにランナーが約3メートルの間隔を空けて並び、トーチ同士を重ねるトーチキスで聖火をつなぎます。

19日は岡山市北区の岡山城下の段で、20日は津山市の津山中央公園グラウンドで一般の観客を入れずに、ランナーも希望者だけが参加します。

午後3時からトーチキス、午後6時頃から点火セレモニーが行われる予定です。