OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.05.11

家電製品を生産予定 アイリスオーヤマが瀬戸内市に進出 立地表明覚書 【岡山・瀬戸内市】

交通アクセスの良さなどから実現した大型の企業誘致です。

生活用品大手のアイリスオーヤマが瀬戸内市に工場を新設することになり、5月11日、立地に関する覚書の締結式が行われました。

岡山県庁で行われた締結式には、アイリスオーヤマの大山健太郎会長と瀬戸内市の武久市長、それに伊原木知事が出席し、立地表明の覚書にサインしました。

アイリスオーヤマが国内10番目の生産拠点として新設する工場は、瀬戸内市長船町の市営産業団地に建設されます。

家電製品を生産する予定で、延床面積は約15万平方メートル、投資額は約100億円で、一部は県や市の補助金を活用します。

また、約200人の雇用が見込まれるということです。

(アイリスオーヤマ 大山健太郎会長)
「メリットと期待感。」

新工場の完成は2025年10月の予定です。
appli_banner01