OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
県内初 「ワクチン相談所」設置 新型コロナワクチン接種の疑問に対応【岡山・総社市】

2021.02.25

県内初 「ワクチン相談所」設置 新型コロナワクチン接種の疑問に対応【岡山・総社市】

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する市民の不安や疑問などに対応するため、総社市は、ワクチン相談所を岡山県内の自治体としては初めて設置し、25日から運用を始めました。

ワクチン相談所は、新型コロナウイルスのワクチン接種について、副反応や接種の開始時期など、市民からの様々な相談に応じるものです。

このうちコールセンターは、4人の職員が平日の午前8時半から午後5時15分まで電話で相談に応じます。

また、市役所の1階ロビーには、対面での相談に応じる窓口も設置しました。

総社市によりますと、こうした相談所を設置するのは、県内の自治体では初めてだということです。

総社市では、4月から高齢者を対象にワクチンの優先接種を開始する予定ですが、具体的なスケジュールはまだ決まっていません。

(総社市 片岡聡一市長)
「特に副反応のあり方、予想される心配事に応えていって接種率を上げるセンターにしたい」

総社市には、対象となる市民が約6万人いますが、開始から半年間で希望者全員の接種が終わるよう体制を整備していくことにしています。