OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.21

緊急事態宣言宣言拡大の余波…JR鉄道運輸収入再び落ち込む【岡山】

緊急事態宣言の影響は、対象外の岡山の鉄道にも及んでいます。JR西日本岡山支社の鉄道運輸収入が1月、再び落ち込んでいることが分かりました。

JR西日本岡山支社は、1月の鉄道運輸収入について14日までの速報値を会見で明らかにしました。2020年の同じ時期と比べて41.3%で内訳は近距離が44.7%、中長距離が32.7%、定期が78.4%です。
2020年11月はGoToキャンペーンの影響で緩やかな回復傾向にありましたが、感染が再拡大した12月以降、再び利用が落ち込み緊急事態宣言の再発令が
追い打ちをかけました。

(JR西日本岡山支社 平島道孝支社長)
「先行きの見えない非常に厳しい状況ではあるが、安全安心してご利用いただけるサービスに努めたい」

JRでは紙の遅延証明書の配布を4月から取りやめるなど、接触を避ける取り組みを進め環境の変化に対応したいとしています。


このページをシェア