OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
四国の新幹線を実現しよう! サン讃かがわ2021年1月14日放送

2021.01.15

四国の新幹線を実現しよう!

日本が誇る高速鉄道、新幹線。ビジネスやレジャーに、とても便利で、もはや当たり前の交通インフラになっていますね。いま、その新幹線を四国につくろう!という機運が高まっています。では四国に新幹線ができると、私たちの暮らしはどうなるのか、早速、深掘りしていきましょう。

まずは、現在の状況を教えてください。

はい。各地で新幹線の整備が進み、ついに四国だけが空白地域になりました。そこで、瀬戸大橋を通り、四国の各県庁所在地を結ぶルートでの新幹線の実現を目指しています。

その新幹線が実現することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

はい。幅広い分野で、効果が期待されています。

四国新幹線の大きな効果とは

四国の新幹線が実現すれば、徳島、高松、松山、高知はおよそ1時間以内で行き来できるようになります。さらに、各地から新大阪までの所要時間も、1時間半程度にぐっと短縮されます。この時間短縮により、関西が通勤・通学圏内になって地元に定着する方が増えたり、観光・ビジネスでの往来が活発になって経済が活性化したりすると考えられています。

四国新幹線整備の地方の負担は?

整備には大きな費用が必要になりますよね。四国の新幹線の整備には、およそ1.57兆円の費用が必要と試算していますが、地方の実質的な負担は軽減されることになっています。建設費は、JRが支払う貸付料と国・地方の負担で賄われますが、地方の負担割合は実質1~2割程度です。また、開業後の修理や点検などに要する費用はJRの運賃収入で賄われ、地方の負担はありません。

深掘りのポイントは!

香川と岡山を結ぶ世界最大級の道路・鉄道併用橋「瀬戸大橋」は、既に、新幹線規格で整備されています!瀬戸大橋を経由する四国の新幹線は、既存のインフラを有効活用することにもつながります。

四国の新幹線はいつの開業を目指すのか?

2037年の開業を目指しています。2037年にはリニア中央新幹線の品川~新大阪間が開業します。これに合わせて実現することが重要です。四国の未来のために、ぜひ、県民の皆さまも新幹線について考えていただきたいです。

四国の新幹線応援キャラクターも登場!

ツイッターでは、四国の新幹線応援キャラクター「つなぐん」が、四国の新幹線に向けた思いをつぶやき中!ぜひフォローお願いします。実現には、なにより県民の皆さまのご理解と熱意が必要です。合言葉は、四国の新幹線を実現しよう!


このページをシェア