OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2020.12.11

防災意識を高めて…防災ダンスを保育所で披露【岡山・倉敷市】

子供の頃から防災意識を高めてもらおうと作られた防災ダンスが12月11日、倉敷市の保育所で披露されました。

子供たちが元気に踊るダンス。
岡山市と岡山大学、こくみん共済コープの産学官が共同で制作したものです。

「ぼうさいPiPit!ダンス」と名付けられ、「姿勢を低く」、「頭を守り」「動かない」という地震の際に命を守るための3つの動作が取り入れられています。

災害が多発し、防災教育の重要性が高まる中、日常生活の中から防災意識を高めてもらおうと、作られました。12月11日は、天城保育園の園児約70人がダンスを披露し、楽しそうに踊っていました。

関係者は今後、ダンスを収録したDVDを製作し、広く普及させていきたいとしています。
shuinsen01