OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.11.30

職員が新型コロナ感染の高松市役所 分散体制で業務【香川・高松市】

高松市では11月28日、市役所の生活福祉課に勤務する職員の感染が分かり生活福祉課は11月30日、課の窓口を閉鎖して別室で業務を行っています。

(小野修司記者)
「生活福祉課は窓口での対応があるため急ピッチでビニールシートを設置し業務に当たっている」

生活福祉課は生活保護に関わる業務を行っています。

職員の感染を受け11月30日の朝、市役所の隣にある防災合同庁舎の会議室に業務の場所を移しました。市は課の窓口を閉鎖した上で執務室のほか庁舎内の手すりなど共用部分も消毒しました。

(高松市生活福祉課 新田耕司課長)
「市民の皆様にはご迷惑をおかけすることになり申し訳ない。なるべく支障のないように電話・窓口で丁寧な対応を心がけたい。」

市は、生活福祉課の92人の職員うち1人残して91人にPCR検査を実施し、全員の陰性が確認されました。

生活福祉課は12月1日から市役所での業務に戻るということです。

このページをシェア