OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.10.30

脂乗りバツグン!「ひけた鰤」出荷スタート【香川・東かがわ市】

ハマチ養殖発祥の地、東かがわ市引田で育った地域ブランド、「ひけた鰤」の出荷が10月30日から始まりました。

引田漁港では10日30日、体長約70センチ、重さ約4.5キロに育った「ひけた鰤」約900匹が水揚げされ、次々と箱詰めされていきました。ひけた鰤は、引田漁協が認定したエサと大型のいけすで養殖された重さ4キロ以上のブリで、脂がしっかりと乗っていて 歯ごたえがあるのが特徴です。

漁協によりますと2020年は夏場に海水の温度が高かった影響で例年に比べると小ぶりですが、10月に入ってから水温が下がったため、脂が乗ってきたということです。

(「ひけた鰤」の生産者 三谷祐生さん)
「こういう状況なので(新型コロナの影響で)ベストな値段では出荷できていないがそれでも変わらず美味しい魚を育てているので食卓に並べばうれしい」

10月30日は、地元の小学生約30人が見学に訪れ、ブリの解体ショーを見るなどして地域の特産品への知識を深めていました。

ひけた鰤は年末までに約7万匹が出荷されるということです。


このページをシェア