OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2020.10.12

先生はVチューバーの「シルキー先生」!高校で新たなオンライン授業【岡山・岡山市】

バーチャルユーチューバー、通称「Vチューバー」によるオンライン授業が岡山市東区の高校で行われました。生徒の興味・関心をひきつけ新型コロナ対策にもなる新たな授業の形です。

(シルキー先生)
「初めまして、私の名前はシルキーです。よろしくお願いします」

画面上で古文の授業を行っているのは、Vチューバーの「シルキー先生」。

岡山市東区の瀬戸高校と岡山市のVRキャラクターの制作会社、「Loop」が協力して完成したものです。10月3日に配信され、2年生約130人がオンラインでシルキー先生の古文の授業を受けました。

(生徒は)
「キャラクターなので興味がわきました。本当に授業しているみたいだなって思いました」

このVチューバーによる授業を提案したのは3年生の真壁奈々葉さんです。

(3年生 真壁奈々葉さん)
「コロナウイルスで休校になってオンラインの授業とかオンラインの場にすごく参加するようになって。これからの授業の可能性も考えられたので取り入れていけたらいいなと思いました」

今回、授業を行ったシルキー先生は普段、国語の授業を担当している絹田教諭がモデルです。VR技術を使って、絹田教諭の動きをアニメーション化しました。

(瀬戸高校 絹田昌代教諭)
「生徒の心を掴む、そういう授業になったかなと思います。オンラインならリアルを超えた楽しさがあった方が良いと思うんですよ。その可能性を開いたかなと感じています」

Vチューバーによる授業について今後の展開は未定ですが、生徒にとっても先生にとっても新たなオンライン授業の可能性を感じる時間になったようです。