OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.20

対策の現場をチェック!”GoToトラベル”登録宿泊施設で調査【岡山・倉敷市】

国の観光支援事業、GoToトラベルに登録する宿泊施設について新型コロナウイルスの感染防止対策がとられているかを確認する調査が8月20日、倉敷市のホテルで行われました。

(調査やりとり)
「体温確認をしていると思うが体温計を確認してもいいですか?」

調査は、国土交通省などが8月19日から全国で実施しているもので、8月20日は、中国運輸局の職員らが倉敷市の「倉敷ロイヤルアートホテル」を調査しました。
調査ではチェックイン時の検温のほかフロントやレストランでの3密対策など事業の参加条件となっている感染防止対策がとられているかをチェックします。

(中国運輸局観光部 九鬼令和部長)
「このホテルしっかり感染防止対策をやっていると確認できた。調査は各々の施設で対策をしっかりやっていると思うが、改めて対策の徹底を考える機会にしていただければ」

(倉敷ロイヤルアートホテル 今村隆英総支配人)
「安心安全を担保しない限り、楽しく泊まったり、食事をしたりできない。感染防止対策は我々としては一番考えるところ」

岡山県内では、GoToトラベルに167の施設が登録していて、調査は、施設を無作為に数カ所抽出して行われました。対策が不十分であれば指導したり、応じない場合は登録の取り消しもあるということです。

このページをシェア