OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.13

缶スプレーを使って芸術的な絵を描く!スプレーアートの世界【香川・高松市】

缶スプレーを使って幻想的な作品を描くスプレーアートの展覧会が高松市で開かれています。

宇宙に浮かぶ地球や惑星。雲や大陸など細部まで丁寧に描かれています。
筆で描いたような凹凸があり、まるで油絵のようですが実はこれらの作品、缶スプレーを使って描かれています。
会場には香川県を拠点に全国で活動するスプレーアーティストのDaisukeさんが手掛けた約40点の作品が展示されています。

スプレーアートは紙に色の違う水性塗料を何層にも重ねて吹き付けた後、削ったり新聞などでこすったりして色や形を表現するもので、Daisukeさんは簡単なものだと3分ほどで1つの作品を完成させます。
会場には天空の鳥居と呼ばれる観音寺市の高屋神社から見える夜景や瀬戸内海とサクラを幻想的に描いたものなど香川ゆかりの作品もあります。

(スプレーアーティスト Daisukeさん)
「スプレーアートならではの幻想感と、水彩画や油絵とは違った魅力を来てくれた人には説明しながら見て楽しんでもらえるようにしている」

この展覧会は高松市の歯ART美術館で8月28日まで開かれています。

このページをシェア