OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.07.14

岡山県の広い範囲に警戒…大雨で土砂災害や河川の増水など厳重に警戒呼びかけ【岡山】

前線の影響で岡山県内では7月13日の夜から7月14日の朝にかけて大雨となり気象台は土砂災害や河川の増水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

西日本にかけて伸びる前線の影響で、岡山県内では7月13日の夜から7月14日の朝にかけて断続的に雨が降り、新見市千屋では1時間に30.5ミリの激しい雨を観測しました。また、各地の24時間降水量は鏡野町富で141ミリ、新見市千屋で140.5ミリ、真庭市久世で122ミリなどとなっています。

気象台が発表している午前11時の時点の土砂災害の危険度分布です。これまでに降った雨で地盤が緩み、岡山県の広い範囲に警戒が必要な赤のエリアが広がっています。
一方、この雨で河川も増水しています。倉敷市真備町の小田川は氾濫危険水位に達したため気象台は氾濫危険情報を出しました。倉敷市は真備町の8409世帯2万686人を対象に避難準備情報を出し町内の5カ所に避難所を開設して高齢者などへの避難を呼び掛けています。

このほか総社市と高梁市、新見市の一部に避難勧告が出ています。雨のピークは過ぎましたが気象台は引き続き土砂災害や河川の増水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

このページをシェア