OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.07.02

森林資源を生かした地域活性化や人材育成を…真庭市の教育研究拠点の整備【岡山・真庭市】

真庭市の森林資源を生かした教育研究拠点の整備について検討する産学官による委員会の初会合が7月2日、市内で開かれました。

検討委員会は真庭市の太田昇市長と岡山大学の槇野博史学長の2人を代表に新国立競技場の設計を手掛けた建築家、隈研吾さんら7人で構成されています。
構想では、真庭市が岡山大学や国、地元企業などと連携して林業や木造建築などに関する教育研究拠点の整備を目指します。市の森林資源を生かした地域活性化や人材育成が主な目的です。

委員会は年に1回のペースで開かれ整備に向けた具体的な話し合いを進めることにしています。

このページをシェア