OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.06.19

100ミリを超える雨で在来線に影響…気象台は引き続き注意を呼びかけ【岡山・香川】

梅雨前線の影響で岡山・香川では100ミリを超える雨が降りました。雨のピークは過ぎましたが気象台は引き続き土砂災害や河川の増水に注意を呼び掛けています。

岡山・香川では大気の状態が不安定になり18日の夜から19日の朝にかけて大雨になった所があります。降り始めからの雨量は香川県多度津町で105.5ミリ、笠岡市で104ミリ、岡山市北区と倉敷市で101.5ミリとなっています。
大雨のピークは過ぎましたがこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり気象台は引き続き土砂災害や河川の増水に注意を呼び掛けています。この雨でJRの在来線に影響が出ています。
JR山陽線や伯備線は一部の区間で始発から運転を見合わせていましたが順次、運転を再開しています。山陽線では約3500人、伯備線では約2500人に影響が出ました。

引き続き交通情報にご注意ください。

このページをシェア