OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2020.06.18

竹に花…不吉の象徴?数十年に1度咲く珍花は何を告げる?【香川・三豊市】

竹に花が咲くことをご存知ですか。視聴者から情報をいただき、三豊市で撮影に成功しました。どんな花なのか、そして今回の開花が意味するものとは。

(前川裕喜)
「花というとこういうのを想像すると思うが竹の花はこんな感じのもの。イネの穂のようです」
三豊市詫間町の民家の庭先です。住人の男性が約50年前に植えた高さ約5メートルの竹に、稲穂のような花が出てきました。
(所有者の男性)
「花が咲くのはびっくりした」
この竹の花とは何か。植物の生態に詳しい香川県園芸総合センターで聞いてみました。
(香川県園芸総合センター 古市智 所長)
「竹はイネ科の植物だがイネのように毎年花が咲いて実るのではなく数10年から100年単位で花が咲く」
かなり珍しいそうです。
現在は一部でおしべが出て開花が始まっていて、秋にかけて全体が花開き、イネに似た実をつけるそうです。一方、竹の花は不吉の象徴との話もあるそうで・・・。
(古市智所長)
「花が咲いた株は枯れると言われていて(不吉というのは)枯れる様を嫌がったのかも」
こうした話に対し、住人はどう思っているのか。
(所有者の男性)
「竹安という姓はたくさんあるが竹と縁があった」
実はこの男性、竹に安らぐと書いて竹安さんと言います。竹に縁を感じる竹安さんは、大事に育てた竹がコロナ禍の暗い時代に花を開かせることを前向きにとらえています。
(竹安貢さん)
「(不吉という)縁起は何も思わない。竹の花でコロナ禍が終われば」
また園芸総合センターの古市所長もこのように指摘します。
(古市智所長)
「竹の花が咲いてその年は大豊作という話もあるとらえ方としては長い間、家が繁栄して(珍しい)花が見られたのはいいことと見るべき」
竹安さん家の竹の花は、暗い世の中が変わることを告げているのかもしれません。
OHKアプリ