OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら

2022.01.14

災害時には一時避難所の機能も…新倉敷商工会館が竣工 1月17日から業務を開始【岡山・倉敷市】

倉敷市の倉敷商工会議所が入る新しい商工会館が完成し、14日、記念のセレモニーが行われました。

倉敷商工会館は、老朽化に伴い、2020年10月から建て替え工事が行われていました。

新しい商工会館は、総工費、約13億円。鉄骨7階建てで延べ床面積は、約3200平方メートルあり、光熱費が一般的なビルに比べ大幅に抑えられる省エネ構造となっています。

最上階には、災害時に一時避難所となる会議室を設けるなど防災拠点としての機能も備えています。

施設の完成に合わせ、14日は、非常時における施設利用についての防災協定を倉敷市と締結しました。

(倉敷市 伊東香織市長)
「帰宅困難者が出るような場合でもこちらで受け入れてもらえるということで、いざという時の大きな安心につながると思う。」

(倉敷商工会議所 井上峰一会頭)
「これから倉敷の経済、さらには本来の町づくりをやっていこうという思いできょうを迎えた。」

倉敷商工会議所は、1月17日から新しい建物で業務を開始します。