OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.10.20

「やり投げと出会い充実した人生に…」 陸上に挑み続ける障害者アスリート 中学校で講演【香川・土庄町】

障害者アスリートが、挑戦することの大切さを伝えようと、香川県小豆島の中学校で講演会を開きました。

土庄町の土庄中学校の1年生に講演したのは、高松市在住でパラ陸上・視覚障害クラスのやり投げ選手、田中司さんです。

田中さんは、中学生の時、難病により視力が低下し当時打ち込んでいた野球をあきらめました。

悩んだ時期がありましたが、障害があってもできるやり投げと出会い、充実した人生になったことを紹介しました。

2021年の東京パラリンピックへの出場は逃しましたが、失敗を恐れずに挑戦することの大切さを伝えました。

(中学生)
「きょうの話を聞いてあきらめずいろいろなことに挑戦したいと思った。」

(田中司さん)
「パラスポーツを知り障害者への理解が深まれば話をして良かったと思う。私自身、次のパリパラリンピックに出場できるよう頑張りたい。」

講演会の後、中学生は、障害者スポーツを体験し、理解を深めました。
土竜の唄FINALプレゼントキャペーン
moguranouta