OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
温泉街に“鉄筋アート” 等身大のジャズ演奏者を設置 音楽とのコラボも計画【岡山・美作市】

2021.10.05

温泉街に“鉄筋アート” 等身大のジャズ演奏者を設置 音楽とのコラボも計画【岡山・美作市】

コロナ後を見据え新たな観光の目玉を作る取り組みです。

美作市の温泉街に鉄の棒を加工してジャズ奏者の形にする「鉄筋彫刻」を展示することになり、創作活動が行われています。

「ここの帽子のラインも平面的ではなくて、ちょっと3Dでシュッと曲がったり…」

制作しているのは鳥取市在住の造形作家、徳持耕一郎さん(64)です。

徳持さんはジャズ奏者をモデルにした「鉄筋彫刻」を手掛ける造形作家で、温泉街の魅力アップにつなげようと地元の旅館組合などが制作を依頼しました。

作品は直径2ミリから14ミリの鉄の棒を曲げたり、溶接するなどして完成させます。工房は温泉街にある市営駐車場のガレージに設けられ、隔週で平日、一般公開されています。

(湯郷温泉旅館協同組合  峯平晃行理事長)
「少しでも温泉街をたくさんの人に歩いてもらい湯郷温泉を満喫してもらいたいという思いが強くて先生に無理を言っていま作ってもらっている。」

(造形作家 徳持耕一郎さん)
「まちの方と接しながら最終的に一緒に置き場所を考えつくり上げていくというのが大きな趣旨だと思う。(2022年の)3月どんな感じになるのか僕自身もまちの中に置かれたときにどう見えるか楽しみ。」

作品は等身大のジャズ奏者が中心で2022年3月上旬までに8体制作し温泉街に設置されます。設置後はジャズなどの音楽ライブを行う予定で鉄筋彫刻と音楽のコラボで温泉街の魅力アップにつなげます。
OHKアプリ