OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.09.29

保育園児が消防士に!放水訓練も体験!防災や防火…安全教育を学ぶ【岡山・真庭市】

子供たちに防災や防火の意識を高めてもらおうと、1日消防士の体験が真庭市で行われました。

これは真庭市消防本部が、市内の保育園など、幼年消防クラブ員を対象に行ったもので、市内にある月田保育園と富原保育園の5歳と4歳の園児14人が参加しました。

隊員とともに放水訓練を行ったほか、救急車両や救助工作車などを見学し、車に積まれている機材を持つなどして消防士の気分を味わっていました。

また、着ている服に火が燃え移った場合、地面に倒れて転がり、消火する対処法を学びました。

(体験した園児は…)
「ホースを持つのが楽しかった。みんなを守る消防隊になりたい」

保育園では今後、火災や自然災害から身を守るための安全教育に取り組みたいとしています。
OHKアプリ